「食の機能と安全研究会」メンバー募集

                                近畿大学生物理工学部教授
                                世話人代表 泉 秀実 先生

 平成23年4月、会員の方々の要望により、日本食品・機械研究会傘下の分科研究会と
して 「食品の機能と安全研究会」 を発足させました。 本研究会は、10年間継続しました
「カット野菜・果実技術研究会」から、さらに研究者の業績・実質と企業の方々の技術・知見
を「食」全般に広く発展させ、社会の貢献できる場としての勉強会と位置付けています。
 新しく研究幹事として、福ア智司氏(三重大学大学院生物資源学研究科教授)、尾崎嘉彦
氏(近畿大学生物理工学部教授)に入っていただき、前研究会に引き続き、企業幹事として
新名史典氏(サラヤ(株)アドバイザー)、畑 光典氏(大阪デリカフーズ(株) 課長にご協力い
ただいています。
 具体的な内容として、年に4回、大阪市内において 「食の機能」および「食の安全」に関す
る研究会を、技術講演1課題および話題提供1課題の構成で開催しています。
 尚、参加企業の方々には「日本食品・機械研究会」の賛助会員費(年間30,000円)を支払
っていただいたうえで「食の機能と安全研究会」会費(年間30,000円)を支払って頂くことに
なります。 既に 「日本食品・機械研究会」 の賛助会員の企業の方は「食の機能と安全研 
究会」の会費のみを納入下さい。
 今回、若干名の追加募集を行うため、以下に、研究会概要、申込方法を記します。 
皆様のご参加をお待ちしております。

  ■ 会の名称
    「食の機能と安全研究会」

  ■ 活動内容
    (1)技術的問題の解決への取り組み
    (2) 実務的・現場的な事例研究・報告
    (3) メンバー間の情報の交換
    (4) その他必要に応じて取り上げていく

  ■ 研究会開催
    3ヵ月に1回 研究会の開催


≪お問合せ≫
日本食品機械研究会
 TEL06(6654)1801 
mail: nishoku@nifty.com

戻る
戻る